忍者ブログ

驚異の視力回復法~レビュー・実践~

情報商材の1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法を紹介しています。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

驚異の視力回復法 株式会社 アイリス

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法 



はじめまして。
視力向上委員会 本部千博です。

わたしは、眼科クリニックを開業している現役の眼科医師。
年間におよそ2万人の患者さんを診察しています。

視力は本当に治らないのか?
メガネやコンタクトは絶対に必要なのか?
レーシックみたいな手術をし無くても回復出来ないか?

わたしは本来、健康な目とは裸眼で一生を過ごすことでは無いかと考えています。

眼科医として研修をしていた時、メガネを掛けて、視力が1.0以上出れば、
それは問題なく、健康な目であるように教わります。

つまり眼球そのものは病気ではなく、単に屈折上の問題だけなのだと…。

そして多くの眼科医がそれにまったく異議を唱えることもなく納得している現状があります。

驚異の視力回復法 驚異の視力回復法 驚異の視力回復法

しかし、現実にはメガネやコンタクトを装用し続けた結果、ますます視力低下が進行しています。

視力回復法

これが本当の健康指導なのかと今でも疑問に思っています。


わたしのクリニックには、毎日大勢の人から、

「メガネが必要なくなりました」
「字がはっきり見えるようになりました」
「手術し無くて良かったです」

このようなうれしい声を数多く頂いています。

以前、こんなご相談を受けたことがあります。

 
小学校まで成績優秀だった子が、中学校に入って急に成績が下がった。
塾にも通っているし、ゲームや漫画で遊び呆けているワケでもない。

驚異の視力回復法 驚異の視力回復法 視力回復!自宅で簡単にできる視力回復トレーニング、近視などによる視力低下を予防し、視力回復を成功させるための方法、見える!驚異の視力回復法

まったく原因が分からないので、本人を問いつめてみた所、

黒板の字が殆ど見えていなかったことが判り、
お母さんは慌てて「担任の先生に事情を話して、一番前の席に替えてもらいなさい」
と言ったそうですが、子供は曖昧な返事しか返さない。
どうやら、先生に言うのが恥ずかしい様子。ちょうど、そういう年頃ですよね。
そこで、お母さんは直接、担任の先生に電話をかけてお願いしてみたそうです。

すると、先生からはこんな返答が……

「目の悪い子はクラスに大勢いるので、全員を前の席にするわけにはいかない」

とりあえずの応急処置として、出来るだけ前の方の席に替えるようには取り計らって もらったようですが、眼科に行ってきちんとメガネを作ってくるようにと先生に言われ、わたしのクリニックを訪れて来たのです。

「担任の先生から、メガネを作ってくるように言われたのですが、本当にかけさせるべきでしょうか?」

メガネをかけたままでスポーツをするのは危険じゃないですか?
メガネをかけると、逆にどんどん視力が落ちてしまうと言う事は御座いませんか?
この方だけに限らず、貴方にとって、視力の問題は悩みの種です。
現代人の多くが視力のことで悩んでいます。

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

でも、皆がそうだからといって、放ってはいけませんよね。
これからの長い人生、視力低下は日常生活にも大きな影響が出てしまいます。

しかし、貴方はこの手紙を読むことで、視力の悩みについての解決法を知る事になるのです。
自分で視力を回復する事が出来るのです。

 


>>更に詳しい内容はこちらから







PR

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
驚異の視力回復法
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- 驚異の視力回復法~レビュー・実践~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]